鰻を食べよう!!

鰻を食べて元気になろう!!

スタミナ食をして名高い「鰻」の

ちょっとしたネタ話をご紹介

  

何で鰻は土用の丑の日?


  土用の丑の日といえば「鰻」。何でなんでしょう?

  夏バテ防止のために鰻を食べるという習慣が定着したのは、江戸時代の後期になってから。夏場の売り上げ不振に悩んだ鰻屋さんが平賀源内に相談したところ、「本日土用の丑の日」と書いた張り紙を出して宣伝しなさいと言われ、その通りにしたところ、これが大繁盛!それで定着したそうで、その点では、鰻を食べるのに土用の丑の日である必要性は全くありません(^^ゞ。平野源内さんってほんとすごいですね。

  そうはいっても、何の理由もなけれは、これほどには定着しなかったと思います。もともと、丑(うし)の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)食べると体に良いとの言い伝えがあり、それに「鰻(うなぎ)」が合致したと考えられています。

  ちなみに夏バテ予防にといって食べられる鰻ですが、本来の「旬」は冬で、秋から春に比べても夏のものは味がおちるんだそうです。

蒲焼は江戸料理


  鰻は高タンパクで消化もよい食材です。 日本料理では食材 としても重宝されていて、鰻料理の専門店も多いのは皆さんもご存知のことと思います。

  夏バテを防ぐために鰻を食べる習慣は非常に古く、 万葉集にその痕跡があるそうですが、 鰻が現在のようなかたちで一般に食べられるようになったのは江戸後期から。特に蒲焼は江戸発祥の料理であることから、江戸っ子には鰻に対して一家言あったようです。「鰻屋でせかすのは野暮」(注文があってからさばいて焼くので時間がかかる)というのは、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。「蒲焼が出てくるまでは新香で酒を飲む」(白焼きなどを取って間をつなぐのは邪道。鰻屋さんがお新香に気をつかうのは、このためだそうです。)というのもあるそうです。


やっぱり鰻は蒲焼が一番!!


  鰻の最もポピュラーな料理法、それはやはり「蒲焼」でしょう! 開いて頭と骨を取り去った身に串を打ち、たれをつけて焼く調理法です。関東では背開きにしていったん蒸し上げたものを焼きますが、関西では腹開きにし、蒸さずに焼きます。九州では背開きで蒸さずに深めに焼くものが主流とか・・・

  昔は筒切りにしたウナギに縦に串を打ち、焼いたものに山椒味噌などを塗って屋台などで売ったそうで、その形が「蒲の穂」に似ていたことから「蒲焼」という名前になったそうです。脂が多いので、労働者層にはとても喜ばれたそうですが、一方で下賎な食べ物とみなされている面もあったとか。一般に広まったのは開いて焼いたり蒸したりして脂を落とすようになってからとのことです。

  ちなみに、蒲焼を白飯に載せて食べる「鰻飯」。鰻丼と鰻重とがありますが、これは用いられる食器によって呼び名が違うだけ。 鰻丼であろうが鰻重であろうが、美味しいことには変わりないですもんね。


天然鰻と養殖鰻


  天然鰻に共通して言える事は、大きさにかかわらず、どんなに「脂」がのっていても小骨が気にならず、しかも脂がしつこくなく、あっさり軽い味です。しかし、天然なら必ず養殖より美味しいのか?というと、残念ながら産地や季節等によって、天然鰻が美味しいとは限りません。特にうなぎは悪食だそうで、その生息する土地によって彼らが主食にしている餌によっては、その匂いがしみ込んでしまい、嫌な匂いのする鰻もあります。

 養殖鰻と言えば浜名湖が有名ですが、鰻の養殖は東京深川が発祥。明治に入って、浜名湖岸に養殖場を設けられてから、「浜名湖鰻」の歴史がスタートします。浜名湖が選ばれた理由は、 「気温が温暖なこと」「良質な水資源が豊富にあること」「餌の確保が安易に出来たこと」「消費地に対して交通の便がよかったこと」 などがあげられています。

  昭和30年代頃から、滋養強壮に一役買うスタミナ食材として脚光を浴び始め生産量が伸び、その頃には養殖生産額のシェア90%以上を占めるようになりました。平成に入ってからは、国内のみならず、台湾、中国、韓国に養殖場は広がり、現在では、天然の鰻を食する機会が減って来ておりますが、美味しければ全て良し。鰻を食べて元気に毎日を過ごしましょう!!


Copyright (C) 鰻を食べて元気になろう!! All Rights Reserved.